Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘おんぶよもやま話’ Category

講習会でも実演させていただいている「ずっと使えるママコート」。

これは防災・防寒ファシリテーターのあんどうりすさんが考案された優れもの。
講習会で披露すると「すごい!」「これは便利!」といつも歓声が上がります。

当サイトでも「防寒について」のページで写真を掲載していますが、もう少し詳しく。

上の写真は使える防寒グッズでも紹介しているレインウェアを着た主人と、普段は80cm~90cmの洋服を着用している娘の写真です。(子供のほうの袖は背中でしばっておくと邪魔になりません)

つなげているのは、上の息子が着ている110cmのレインウェア。
普段着せているものよりも大きめのものをつなげると、足まですっぽりと隠れます。

娘が普段着ている90cmのレインウェアと息子が普段着ている110cmのレインウェアを重ねてみました。
サイズとしては20cm違いですが、丈はそこまで差がないように見えます。

あんどうりすさんは、当時0歳児だった息子さん用に100cmのレインウェアを買ってママコートにしていたそうです。

0歳児に使用するには自分のアウターと子供の大きめアウターをつなげるだけで十分だと思いますが、最初の写真のように、もうすぐ2歳の娘で使用すると上半身が寒いことになってしまいますので、本人にもアウターを着せつつ、足元をカバーする意味で連結すると良いと思います。

大きめアウターを買ったらどれくらい先に着られるようになるんだろう?と思われると思いますが、袖さえ折り返せば、丈の長いレインウェアとして使えます。

アウトドアブランドから出ているレインウェアは袖にテープが付いている事がほとんどですから、袖口をキュッと締めてしまえばずり下がってくる事なく着せられます。


90cmを着用


110cmを着用

20cmのサイズの違い、少しは分かりますでしょうか?

90cmのほうで履いている防寒用のスカート、実は110cmの写真でも履いています。
それがすっぽり隠れるくらいの着丈になっています。

また、ズボンもセットになっていることがほとんどですが、おんぶや抱っこの赤ちゃんにはレインウェアのズボンが防寒には秀逸!

抱っこをしていると子供の足がかなり冷たくなっていることが多かったのですが、レインウェアのズボンを履かせてからは体温が奪われず、また風も通さないので冷えも軽減されました。
抱っこの時はどうしても子供の足だけ出てしまうことが多いですからこれは活躍しました。

おんぶの時は抱っこと違って高い位置でしますので二人羽織をすれば足元まで包み込めますが、少し大きくなると足先が出てきてしまいますから、そういう時にも使えました。

もちろん、アウトドアブランドのものでなくても大丈夫です。
ちなみにこちらはユニクロと無印良品のものをつなげています。

あんどうりすさんもおすすめしているアウトドアブランドのレインウェア。
母子包むレインコート」(読売新聞/YOMIURI  ONLINEより)

小さめサイズから作っているものを集めてみました。(2010年4月現在)

100cm~

mont-bell クレッパーkid’sレイントレッカーkid’sバックラップレインコートkid’s(丈長タイプ)

L.L.Bean トレイル・モデル・レイン・ジャケット

AIGLE MTDレインコート(丈長タイプ)

110cm~

THE NORTH FACE  ハイベントレインテックスレインテックスプラズマレインコート(丈長タイプ)

母子一体での防寒、また雨の日のおんぶはこちら

広告

Read Full Post »

私が愛用しているのはザ・ノースフェイスのレインウェア。
男性用のXXLです。

フードも普段はしまっておけて、突然の雨や子供が寝てしまった時に出して使う事が出来ます。
何より薄手なのがとっても便利。
アウトドアグッズはよりコンパクトに、それでいて機能的にという課題をクリアしたものばかりなので育児にも使えるものばかりでおすすめです。


(500mlのペットボトルと比べました)

風を通さない素材は色々ありますが、防水機能があればオールシーズン使えます。

春・秋→肌寒い時にちょっと羽織れるアウターとして(春 の防寒をご参照下さい)、またレインウェアとして

夏→レインウェアとして

冬→下にもう一枚(フリースなど)着て防寒着として、レインウェアとして


2人で羽織るとこんな感じに。

男性用のXXLではありますが、自分一人だけで着るとこんな感じに。(身長162cmです)

ま、いけなくもない・・・と言う事で、子供とお出掛けの時はこれを羽織って行きます。
おんぶでも抱っこでも、そして子供が歩いて身一つになっても、これさえあれば他にアイテムを持っていかなくても大丈夫。

おんぶの時期が終わっても主人に転用できるよう我が家はXL~XXLサイズを使っていますが(主人の身長が183cmなので)、そのご家庭でその後も使えるサイズを考えて購入されても良いと思います。

でも、2~3年間は毎日活用できるアイテムでもありますし、またお子さんが産まれたらどんどん使用年数は伸びて行きますので、おんぶの時期が終わった後の事を必ずしも考慮しなくても良いとも思います。

当初は上の子の幼稚園の送迎時に使用(しかも雨天時のみ)のつもりで購入したのですが、気が付いたらオールシーズン使っていました。
上の子の時から色々と使ってはみましたが、現時点ではこれが一番使い勝手が良いです。

Read Full Post »

桜も見頃を迎え昼間はだいぶ暖かくなり始めた関東地方。

こんな気候の時はおんぶも抱っこも快適ですが、おぶっている大人は動いていて暑くても、おぶわれているほうは以外に寒かったりします。
特に陽が傾きかけてくる頃は風も冷たく感じます。

昼間は防寒は必要なくても、お出かけしてちょっと遅くなりそうな時や日陰で肌寒い時にバッグの隅にさっと羽織れるものがあると良いですね。

この時期はまだまだ風が冷たいのでフリースやニット、綿素材のブランケットや羽織ものでは風を通してしまって防寒の意味を成しません。
かと言って綿入りのアウターや亀の甲ではかさ張って携帯するのに不便だし・・・。

こんな季節は上のような風を通さない素材のものが役立ちます。

私が実際に使っている防寒グッズはこちらでご紹介しています。

Read Full Post »

結び方はそれほど変わらないのに、おんぶ紐よりも一本紐の方が絶対ラク!というのは、経験した大多数の方が感じていることだと思いますが、感覚だけのものかと思っていたらそうでもないみたいなんです。
何気なく検索していてこんなページを発見。おんぶ紐と一本紐(ページ内では兵児帯とありますが、素材などは考慮されていないので、ここでは一本紐で統一します。)の違いを物理的に説明されています。

管理人は物理畑ではないため中身を完全に理解したわけではないのですが、やはり一本紐の密着度の高さが快適なおんぶの秘密であることが理路整然と解説されていて、大変興味深い内容だったので、こちらにご紹介しておきますね。

Read Full Post »