Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘講習会レポート’ Category

本日8/24(火曜)、復習&交流会を開催しました。

以前から、講習会に参加したものの「だっこはマスターしたけれどおんぶがうまくできない」「最初はうまくおんぶできてもだんだん下がってきてしまう」などなど、講習会参加後の復習の場が欲しいというご意見がチラホラ届いていました。
また、講習会で知り合ったお母さん同士が、情報交換や気分転換できる場を作りたいなあ、と前々から考えていたので、今回の会を企画させていただきました。

直前の告知だったにもかかわらず、6組ご参加いただきました。おひさしぶりのお子さんたち、みんな成長著しく、とても感慨深かったです!残暑厳しい中、ご来場ありがとうございました!

歓談しつつおんぶの復習をしつつ、普段の講習会よりもかなりゆる~い進行。

まず、いつものように解説を加えながらのデモンストレーション。すでに一度講習を受けてくださっている方ばかりなので、細かいコツもたくさん盛り込んで。
その後、それぞれ自力でおんぶを試してみると、「あれ!家でやったときより高い!ラク!」とあちこちで喜びの声が!ほんの少しのコツを頭にいれてやってみるだけで、格段にラクに上手にできるようになっているようです。

途中、参加者の皆さんにさらしおんぶでうまくいかない点を伺うと、「子どものお尻に布をかける」のが難しいという意見が圧倒的多数でした。その一方で、はじめて講習会に参加してさらしおんぶを試したときの第一難関だった「子どもをひょいっと背中に背負う」部分は、ほぼ全員が講習会参加後に回数を重ねるうちに慣れてできるようになった、とのことでした。まさに「習うより慣れろ」とはこのこと!
そういうわけで、今回はこの「子どものお尻に布をかける」の部分を集中的に練習していただきました!

デモンストレーションしながら、私自身がいつも気をつけているポイント「あいているほうの手で子どもの足やお尻をしっかり触って、どの部分に布をかけるかを確認」「布を持っているほうの腕を最大限伸ばして、その可動域を利用する」「お尻をくるむのでなく、お尻と太ももの境目のラインをしっかりホールドする」他を詳しく説明。なかなか言葉でコツをお伝えするのは難しいです。。。

それでも皆さん、試行錯誤を重ねてお互い助け合いながら、なんとなくできるようになっていました。

その後、お昼ご飯を挟んで自己紹介タイム。いつもの講習会でおなじみのgood&newでなく、今回は「夫自慢」をしていただきました!みなさんためらいながらも、イイ話を披露してくれました。

「仕事が不規則で帰りが遅くても必ず毎朝子どもと散歩に出かけてくれる」「いつもキゲンがいい」「鍼灸師なので家族の体調を脈診してくれる」などなど。なんてすばらしいご主人ばかり!皆さんさすが見る目があります。

今回、私は長女次女ともに同行させていただきました。途中、何度も中断してしまいご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。長女の遊び相手をしてくださった皆様、ありがとうございました!
こんな復習&交流会ですが、今後定期的に開催していきたいと思っております。
本日ご参加いただいた方からの感想、または今後参加を希望される方からの要望など、コメントいただければ幸いです。
詳細決まりましたら、告知させていただきますので、ご興味ある方ぜひいらしてくださいね。

Read Full Post »

7月の活動報告です。

●7月17日@都内公園(撮影協力)
タイパンツのデザイン・製作・販売をされているNO ONE ハルさんの撮影会に参加しました。
さらしをつかったおんぶ&抱っこの利便性、そしてオシャレさ!!を絶賛していただきました!
ハルさんが、ブログで当日の様子をアップしてくださってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/futennoone/diary/201007200000/

●7月21日@サンエールさがみはら(出張講習会)
WITHママ相模原さん 主催の『おんぶ育児体験会』に、出張講師として伺いました。
当日は妊婦さんを含む、11組が参加してくださいました。
神奈川でもさらしをつかったおんぶ&だっこが盛り上がっているとのことです!
リーダーママさんが、ブログで会の様子をとても詳しく!書いてくださってます。
http://withmama-sagamihara.blogspot.com/2010/07/blog-post_21.html

●7/27日@八千代助産院(定期講習会)
今回はいつもより少し多めの9組が参加してくださいました。
また、同じ助産師会館内にある助産師学校の学生さん2名も参加して、とても賑やかな講習となりました!
暑い中お子さん連れでのご来場、ありがとうございました。
身に着けたおんぶやだっこの方法は、ぜひお住まいの地域で広めて下さいね。
講習会ではできたのに、家でひとりでやってみたらうまくいかない、しっくりこないと言う場合は、
サイトの説明を参照していただいたり、今後開催予定の復習&交流会にいらしてください!

ありがとうございました。

Read Full Post »

講習会レポートが滞っていましたので、4~6月分をまとめて活動報告としてアップします。

4月7日@光が丘区民センター(出張講習会)
レポート済み

4月15日@北新宿生涯学習館(出張講習会)
レポート済みですが、追加情報をひとつ。
この日の様子が、現在発売中の、散歩の達人MOOK「ママさんぽvol.1」(交通新聞社刊)45Pに掲載されています。
よろしければお手にとってみてくださいね。

●4月20日@八千代助産院(臨時講習会)
27日開催の定期講習会にお申し込みを多数いただいたので、急きょ別日程に臨時講習会として開催。
この回から講師サポートを増員しました。
なお、今後の臨時講習会開催については未定です。

4月27日@八千代助産院(定期講習会)
数組キャンセルが入り、人数少なめでの開催でした。
さらし染めに興味をもたれる方が多数いらして、染め話で盛り上がりました。
講習会後、「すぐにさらしを買って染めました!」と報告も頂き、うれしい限りです。

5月25日@八千代助産院(定期講習会)
貸し出し用・販売用のさらしを用意させていただきました。
わざわざ事前に購入されなくても、まずは講習会に手ぶらでいらして、試していただければと思います。
貸し出し用は、4.5メートルに切って端を処理した白いさらし。
販売用は、同じく4.5メートルの白さらしと、染めたさらし。
この日は3名の方が白さらしを買ってくださいました。「帰ったらさっそく染めます!」とおっしゃっていました。
なお、今後も貸し出し用・販売用のさらしはご用意させていただく予定ですが、
手作りですので毎回十分な数をお出しできないこともあります。ご了承ください。

6月22日@八千代助産院(定期講習会)
普段でさえ熱気むんむんな会場ですが、この日はエアコンを全開にしてもかなりの暑さでした。
参加者の皆さん大変ご迷惑をおかけしました。
夏場の温度管理について、今後検討させていただきます。
白さらし・染めさらしともに、数本ご購入いただきました!ありがとうございます。
この日は、共同通信の女性記者さんが取材にこられました。
47news「子育てさがし」でおんぶ育児の会@首都圏が紹介されます。6月29日に掲載予定です。
さらしおんぶの動画もアップされる予定です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

6月25日@新小金井区民センター(出張講習会)
小金井市で、さらし染めの会などの活動をされている「結~MUSUBU~」さん主催の講習会に出張させていただきました。
ありがとうございました。

******************************************
参加いただいた皆様、お疲れ様でした。招いてくださった主催者様、ありがとうございました。
講習会で覚えたやり方は、ぜひ惜しみなくまわりの方々にシェアしてくださいね!
また、講習会に関するご意見ご要望など、どしどしお寄せください。

ありがとうございました。

Read Full Post »

東中野で活動されているこぶたラボさんにお声をかけていただき、こぶたカフェ同日開催というかたちで北新宿生涯学習館にて講習会を行いました。
あいにくの冷たい雨の一日でしたが、5組の母子が参加してくださいました。
ちょうど開場時間をまたいでエレベーターのメンテナンスが入ってしまい、3階まで階段を使っていただくというご不便をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。

いつものように、最初にデモンストレーションを行い、防寒対策やこれからの季節にむけての日除け&冷房対策について少しお話させていただきました。
夏の暑い日は母も子もそれぞれ薄着のままおんぶして出かけがちですが、一枚大判のパレオなどをカバンに入れておくと、バスや電車、建物の中で冷房が強いときなどにサッと羽織れて便利ですよ。
もちろん、日差しが強いときなどに日除けとして羽織るのもおすすめです。真夏は日傘も併せて利用するとより安心です。
ちなみに「防寒について」のページ一番下の写真で羽織っているのは、アジア雑貨店で購入した巻きスカート。紐もついているので、使いやすくてオススメです!

よくご質問を受ける、おんぶの際の背負い方、お尻への布のまわし方、おんぶからの下ろし方などに重点をおいて説明をさせていただいたあと、実際にさらしを使っての実践練習。
皆さん妊娠中に購入した腹帯や、さらしをご用意してくださっていたので、まずは手順をつかむために、お子さんなしでのエアおんぶ練習から始めました。

少し流れがつかめたかな?というところで、実際にお子さんをおんぶする練習に入りました。
お手持ちのハワイアン柄の布で、この日のためにおんぶひもを縫ってきてくださったIさん。適当に作ってみた、とおっしゃってましたが、長さもちょうどいい素敵なオリジナルおんぶひもでした。0歳の息子くんがおんぶされている姿を見て、2歳の娘ちゃんも「おんぶするーーー!!」とおねだり。
もちろん、2歳でもまだまだじゅうぶんおんぶやだっこはできます。娘ちゃんもさっそくおんぶされて、ゴキゲンな笑顔をみせてくれました。

大きいお子さんでもおんぶできる、という話の流れから、緊急時についてのお話もさせていただきました。
私はこの日、7ヶ月の次女のみ帯同でしたが、もしもの時を想定して、4歳の長女をさらしでおんぶして次女を生抱っこして走る、ということも可能であることをお話ししましたら、参加者の一人の方が「たしかに!さらしおんぶだと、走っても子どもがぶれない!市販のおんぶひもだとぶれて走りにくい!」と応えてくれました。
そうなんです!市販のリュック型だとどうしてもだんだんずれて肩が落ちてしまうことがありますが、さらしをつかったおんぶでは、それぞれの体型にしっかりフィットしているためずれにくいのです。

皆さん、とてもカンがよく手順をすぐに飲み込んでいらっしゃいました。何度も繰り返し復習をし、赤ちゃんが泣いたらムリせずに授乳などしながら他の参加者の練習を見学する皆さんの姿。母というもののたくましさに感心しきりでございました。

12時をまわったところで、自己紹介タイム。
お名前、産後何ヶ月か、お住まい、出身地、それからおなじみGOOD&NEW。
最初は「えー、24時間以内にいいことなんてあったっけ?大変なことならいっぱいあるけど」と言いながらも、皆さん何かしら湧き出てくるのです。
「きのう出なかったうんちが今朝大量にでました!」というお話に「うんうんわかる!!うんち出てないまま外出だと気が気じゃないよね!」と力いっぱい同意。
子どもを持つまでは、うんちひとつにこんなに一喜一憂するなんて考えも及ばなかったでしょう。気がかりなことの山盛りてんこもりな毎日も、喜びや笑いに消化することで前向きな気持ちになれる。そんなきっかけづくりのひとつにオススメのGOOD&NEW。ぜひときどき思い出してやってみてくださいね。

そしてお待ちかねのランチタイム交流会。
予定ではこぶたカフェ会場に移動するはずでしたが、この日は会場がとても混雑しているということと、すでにおんぶやだっこで熟睡しているお子さんが多数いたことから、こぶたスタッフさんのご厚意で、会場にそのまま給食を運んでいただいて、その場で車座になっての交流会となりました。

おんぶやだっこで熟睡するご自分のお子さんの姿に「体もラクだしすごくいい!」と喜ぶ参加者の笑顔、熟睡しているお子さんたちの安心しきった寝顔。講習会をさせていただいていて、とても幸せな気持ちになれる光景です。

今回は講師二人とも保育園母ということもあり、保育についての話題が出ました。また、2歳の娘さんと参加された妊婦さんもいらっしゃったので、二人育児ってどうなの?というお話でも盛り上がりました。
「赤ちゃん洋品店の○○でさらしが安売りしてて○○円だった!」「うそ!私も買いに行く!」といった会話も、主婦らしくてほほえましいものでした。
この日、私はターメリック染めとびわの葉染めのさらしを、もうひとりの講師はスレン染めのさらしを持参していたので、染めについても話題に上がりました。染めの詳細は、近々記事にあげたいと思ってますので、お待ちくださいね。

実はこの日、こぶたカフェさんに取材の方が入っていたのですが、急きょ講習会の様子も取材・撮影に来てくださいました。
散歩の達人」(交通新聞社)を刊行している交通新聞社さんに「ちびさんぽ」というムック本があるのですが。
 6/10に新しく機関誌「ママさんぽ」が創刊されるそうです。
ちなみに「ママさんぽ」、現在はこちらに親子のおでかけサイトがあります。
講習会の様子が実際に掲載されるかどうかは未定ですが、取材にこられた女性記者さんも、さらしをつかったおんぶに感嘆されていました!

楽しい時間はあっという間に過ぎて、それぞれにぱらぱらと解散となりましたが。
来るときに使用していたおんぶひもやベビーカーでなく、今日習得したばかりのさらし抱っこやおんぶで帰宅された方が何人かいらしたのが、とてもうれしく印象的でした!!
 
授乳などでたびたび講習を中断させていただくこともありましたが、ご理解ご協力いただきありがとうございました。
伝えきれなかったこともいくつか思い当たり、反省点も多々あります。
疑問質問・至らなかった点などありましたら、ご遠慮なくお伝えくださいね。
今後の講習会にぜひいかしてまいります。

またお会いできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました!!

Read Full Post »

4月7日に光が丘区民センターにて、子育てサークル・ねりまま(旧日本プレママ支援協会)さん主催のおんぶ講習会が行われました。

どんよりとした曇り空で予報は雨にも関わらず、15組の参加者の方々が集まって下さいました。
講師6名に日本プレママ協会の浅井代表も合わせて、大人だけでも総勢22名!
集まっただけで熱気ムンムンな会場でした。

講習会はいつも通り、一通りのデモンストレーションを行った後、3人1組に分かれて個別でおんぶと抱っこの実践練習。
あっという間の1時間でした。

私が担当させていただいたお友達3人チームの参加者の方々は手馴れた手つきでおんぶも抱っこもしてらっしゃるので、経験者かな?と思いきや初めてとの事。
思い切りが良いと言うか、勘が良いと言うか。
とにかくすぐに上手におんぶしてました。

きっとご本人達は「ここが上手くいかない」「こうでいいのかな?」と思いつつの練習だったと思うのですが、なんのなんの。
初めてであれだけ出来れば上出来です。

そしてなんと、3人のお子さんがそれぞれおんぶされたまま背中で撃沈。
ひえ~。
こんなの初めてです。

他のグループも何気なく眺めてみたら、寝ている子多数で、おんぶや抱っこをしたままの母たちが「これは楽だわ~」などと言いながら楽しそうにしている姿が印象的でした。

それぞれがおんぶも抱っこも練習し終えた頃を見計らってもう一度デモンストレーション。
練習前に見たデモンストレーションと違って、体感したからこそ、見えたものがあったと思います。

今回も幼稚園の春休み中につき長男を帯同しての講習会だったので、最後のデモンストレーションの時に20kg超の長男を幅6cmの紐でおんぶしました。

あって欲しくはないけれど、もしもの災害時や子供の怪我などで、通常だったら一人で歩ける幼児でも歩けなくなることもある。
紐無しで抱っこしても、おんぶしても良いかもしれない。
でも、もしもう一人子供がいたら?
荷物も持って行かなければいけない状況だったら?
そんな時、紐でおんぶする事を知っていればかなり役に立ちます。

この時、講師の一人であるきりんたまごさんが人知れず「泣きそうになった」んだそうです。(とブログにて告白してくれていました。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「早乙女さんと初めて会ったときには、長男君がいつもおんぶされていた。
そして、今は妹ちゃんがおんぶされている。
それでも、もう少ししたら、二人ともおんぶされなくなるんだろうな。
そう思うと、今日、長男君がおんぶされている姿を見れて感動したというか、
なんというか。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そう、子供の成長ってものすごいスピードなんですよね。
ま、そんなこと皆知ってるんですが。

でも、知っていて実感しているはずなのに、毎日の子育てに追われているといつの間にか忘れがちになってしまう。

「抱っこ~」と言われて、「ああ、今手が離せないのに」「また抱っこなの~?」なんて思う事も少なくないですが、せがまれる時期なんて人生のうちでほんのわずかなんだよなあ。
そう思うと、おんぶでも抱っこでも今のうちにたっくさんしてあげるよー!
もとい、たっくさんさせてねー!と言う気持ちになります。

今回の講習会をきっかけに、またぴったりんこ親子が増えてくれる事を願っています。
だって講習会のあの熱気があふれ、ざわざわと騒がしい会場ですら安らぎになる母の背中。
少しでも長く、そして多くの子供たちにその安心感を感じて成長して欲しいなあと思ったのでした。

だいぶ時間が押してしまい、12時くらいから車座になって自己紹介開始。
名前やお住まい、出身地などの後に、今回は春なので「これからしてみたいこと」と、いつものGOOD&NEW。

GOOD&NEWとは、24時間以内にあった良かったこと、嬉しかったことを発表するもの。
これもこの講習会の肝だったりします。

1対1で子育てしていると「私って社会から取り残されてる・・・?」なんて錯覚することもあることでしょう。
モンモンとすることもあるでしょう。

でも振り返ってみれば昨日も今日も良い事って必ずあるんだよ、と気づけるものです。
そういう姿勢さえあれば。

予定していた講習会に予定通り参加する。

たったこれだけの事でも子連れとなると大変なんです。
子供はもちろん、自分も体調を崩さずにその日を迎えられたことだけでも嬉しいじゃないですか。

みなさんそれぞれが大なり小なり、嬉しかったことや良かったことを発表し合い、うなづきながらポジティブな雰囲気で講習会は終わりました。

その後は昼食を食べながらの交流会。
悩み事がある人はそれとなく近くの人に相談してみたり。
もともとネットでつながっていた人は、リアルな交流に花を咲かせてみたり。

一人目育児の低月齢時の頃は、どうしても子供の月齢が近いママさんと交流しがちですが、「おんぶ」というキーワードで集まった母たちなので、子供の年齢も月齢のバラバラ。
だからこその経験談が聞けたり、そんな時期もあったなあなんて振り返ってみたり。

今回は練馬区の方はもちろん、埼玉の鶴ヶ島や、東京は江東区、港区の方までお越しいただき、出身地だと今回は北海道から沖縄まで勢ぞろいでした。
本当はおばあちゃん世代の初参加の予定があったのですが、宮崎(!)から来られる予定が変更になったとの事。
ん~、残念でした。

日本プレママ協会の浅井代表も妊婦さんながらあれこれと気配り、心配りをしていただき、講習中も色々と動いていただきました。
つつがなく講習会が進行できたのも浅井代表のおかげです。
ありがとうございました。

これがご縁でまた各地に一本紐おんぶが広まってくれると嬉しいです。

Read Full Post »

今回は近所の方から遠くはさいたま市、神奈川県の藤沢市の方まで親子7組がフットワーク軽く参加してくださいました。
乳児連れで大変なところをありがとうございました。
先日の読売新聞に掲載されたのを見て来て下さった方も多く、嬉しかったです。

また八千代助産院の院長先生が講師をされている、港区の子育て広場「あっぴぃ台場」のリーダーの方も参加して下さいました。

今回はおんぶ上手な方が多く、すぐにコツをつかんでおんぶされていて、何回も繰り返し繰り返しおんぶも抱っこもされ、毎回の事ながら部屋は熱気でむんむん。
窓を開けても汗をかくくらいで、ついに冷房まで入れたくらい。

最後は自己紹介で〆たのですが、子育て広場のリーダーさんが
「今日、この会に参加させていただいて、母親が自分のことを白い紐でおぶっていたことをふっと思い出しました。きっとあれはさらしでおんぶしていたのでしょうね。もう私もいい年ですが、あの頃の背中から見た情景などをおぼろげながらに覚えています。今、ここにいる赤ちゃんたちもこれからたくさんおんぶされて、母の背中から眺めた風景をずっと覚えているのでしょうね」
と言われていました。

思わず頭をぶんぶん振りながら聞いてしまいました。
リーダーさんにしか分からない情景だけれども、きっとあったかいような嬉しいような楽しいようなそんな記憶なんだろうなあと思いながら。

そしていつもノリの良い院長先生も今回は初めて自己紹介。
「昔は腹帯で使ったさらしを子供と出かけるときに持ち歩きなさいと教えられたものです。歩くようになった子でも、帰りは眠たくなって歩けなくなった時にさっとおぶえるように。今は買えば何でも手に入る時代だけれども、昔ながらの良いものは残していかなくちゃ。その為にどんどんさらしでおんぶを広めて行きましょう!」

お~。
生き字引のおっしゃる事はすばらしいです。

いつしか育児は受け継がれるものではなくなり、母の言うこと、祖母の言うことが「今は違うのよ!」で一蹴されてしまう今日この頃。

そう言えばつい最近、近所の公園に一本の紐でお孫さんをおんぶされている方がいらっしゃってお話したのですが、
「一本の紐じゃ危ないって娘に言われて、今までは肩が凝るわ、子供も前が見えないわのおんぶ紐でおんぶさせられてたんだけどね。新聞におんぶの記事が載ってからは、娘も昔ながらのおんぶでも良いよって言ってくれて」と。
それ私達ですよ~と盛り上がったのですが。

母や祖母の言うことはイマイチ古臭くて聞けないけれど、新聞が取り上げてるなら良いものなのかも?なんていう感覚でしょうか。

情報化社会に生きている子育て世代は上手に取捨選択が出来ないと、情報の渦の中で溺れてしまいそうになりますが、もっともっと身近な生き字引達から話を聞くのも悪くないよ~と思ったりする今日この頃でもあったりします。

おっと、話が逸れてしまいましたが。

そんな素敵なお話を聞いた後は、お昼を食べながらの交流会。

赤ちゃんのトイレのさせ方どうしてる?とか、おむつ外しって楽しいよ~と言う話とか、離乳食の話、それに旦那さんの話も。

皆さん良き男性をパートナーに持たれているようで、おっぱい以外は何でもできる父について語りました。

こんなにかわいい子供のこんなにかわいい時期にもっともっと触れ合って欲しい!とある参加者の方がおっしゃっていて、そうか、「手伝って欲しい」とか「私ばっかり!」というスタンスではないから旦那さんもアレコレ育児に関わってくれているのかな、とちょっぴり思いました。

あっという間の講習会&交流会でしたが、もっとこうすれば良かったかな?など反省すべき点も多々ありました。
ご参加下さった皆様、物足りない点、分からない点などありましたらぜひぜひお伝え下さいませ。
改善させていただきます。

本日は楽しい出会いをありがとうございました。
またお会いできるのを楽しみにしています。

Read Full Post »

定期開催・第二回目の講習会、無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!
8組のお母さん&お子さんにご参加頂き、2名の子連れ講師が担当させていただきました。

この日はなんと、読売新聞さんが取材にきてくださいました。
3月5日(金)発売の朝刊にて紹介してくださるそうです^^

今回は、事前に参加者の方にメールで「お持ちの方は、戌の日の腹帯をご持参ください」とお伝えしていました。
腹帯は、妊娠中に多くの方が用意されたと思いますが、出産後は使い道がなくしまいこんだままというケースが多いのではないでしょうか。
腹帯は不浄なことには使ってはいけない、とされているので雑巾や布オムツにするわけにもいきません。しかし、実はおんぶに使うなら長さも素材もちょうど良いのです。
わざわざ専用の市販品を購入しなくても、妊娠中から使っていた愛着のある腹帯(形式的に用意しただけの方もいるとは思いますが^^)を使って、生まれた赤ちゃんをだっこやおんぶできるということもお伝えできればと思ったのです。

今回、講師二人が実際につかっているさらしの帯を用意させていただきました。
どちらもたまたまターメリックで染めたもので、片方は市販のウコン茶のティーバッグを使ったもの、片方は粉末ターメリックでグラデーションに染めたものでした。
草木染めでなくとも、市販の染料でも気軽に染められます^^
参加者の皆さんも興味津々のようでした。 

講師・ワイルド乙女のブログより引用。
腹帯でいいんですね!と感嘆する参加者さんたち。
情報が溢れていて選択肢が多すぎるからこそ、当たり前のように既製品を買い込んで、結局しっくりこないまま使い続けて。おんぶやだっこしている赤ちゃんがまるでただの重い荷物のように感じてしまったり、肩も腰も痛くてとにかくきつい日々だったいう記憶だけが残ってしまうのは、やはり寂しい。。。
赤ちゃんも、お母さんの背中に荷物のようにぶらーんとぶらさがっているだけよりも、しっかり支えあって密着して、同じ目線できょろきょろいろんなものを見て、手足も活発に動かして過ごすほうが快適に決まってる。あえて言い切ってしまいます。
まずはとにかく一度!オススメしているおんぶの方法を試してみて、お母さんには体で快適さを感じていただき、赤ちゃんが肩越しに目を輝かせて笑う姿を見ていただきたい、と願います。

講師・早乙女のブログより引用。
おんぶの最初の「よいしょっと」と子供を背中に回すところで今回も皆さん苦戦気味。
でも、それが出来なきゃ始まらない。
そんな訳で一人モクモクと特訓されていた方は、最後のほうでは布をピーんと広げてキレイにおんぶ出来るようになっていました。
途中、「これ、どうやったらできるんですかね?布、広げたほうがいいですか?でも余裕ない~」なんておっしゃっていましたが、最後は「やっぱり、これは慣れですね!」と。
本当にモクモクと、5~6回くらい一人で特訓されてましたからね。
やはりしっくりくるまで何回もこなす、これが一番の近道ですね。
さらに近道できるように、講習会ではコツをお教えするわけですが、やはり習うより慣れろ!
やっぱり先人は良いこと言うわぁ。

今回も、みなさん積極的に数種類の帯を試していらっしゃいました。
慣れるために何度も練習する場として、講習会がお役に立てたようでうれしいです^^
講習会あとの交流会も、全員参加してくださり、楽しい時間となりました。
前回今回の反省点・改善点などを再確認して、今後に生かしていきたいと思いますので、疑問質問など、ぜひお寄せくださいませ。

*********************************
参加者の方よりお寄せいただいた感想を、ご本人に了承を得てご紹介します。

5ヶ月の息子さんと参加してくださったCOWさん。
おんぶ紐は使っているが、兵児帯おんぶに憧れ(一枚の布でささっとおんぶってかっこいいなぁ~)ていること、おんぶに必須の「背中にひょい乗せ」ができず、コツを教えていただこうと思って意気揚々と参加。
やはり手馴れた方の実演つきで、ポイントを教えてもらいながら何度か練習すると、わかりやすい!
おんぶの敷居が下がりました。

COWさんは、実習タイムの間、もくもくと練習されて、最後には布をキレイにひろげて高い位置で上手におんぶされていました。^^

5ヶ月の娘さんと参加してくださったあや子さん。
 まず、おんぶ紐一本でおんぶも抱っこも出来る
想像してたより単純な構造だったし
写メのようにおっぱいボヨヨンにならないおぶり方で見た目もスッキリ
かなり密着するから全然肩がこる感じもなく
ママの肩越しに視界が開けるからムスメもご機嫌

あや子さんは、講習会後さっそくご自身の腹帯を染めておんぶに活用なさっているとのことです^^

Read Full Post »

Older Posts »